2016/05/10 10:37:10 |
週末は何かとお金がかかるもので、予定外の出費で手持ちがなくなってしまう場合があります。連休中なども同様で、まだ休みがあるのに手持ちのお金がなくて計画が崩れてしまうといった状況も起こり得ます。銀行口座に預金があればコンビニATMでも素早く出金ができる時代にはなっていますが、給料日前などでお金がない場合にはどうにもなりません。友達や家族に借りるのも気が引けるものなので、週末や連休中などの銀行休業日にお金が必要であれば消費者金融プロミスの最短即日融資を考えてみると良いでしょう。プロミスでは土曜日や日曜日、連休中であっても、平日同様に審査を受け付けています。年末年始などの一部で休業となる日はありますが...
2016/05/10 10:37:10 |
わがままな要望ではあると分かっていても、会社への電話連絡無しでキャッシングの利用をしたいと考える方は少なくありません。しっかりと勤めている、収入もある、返済も確実に行うからと説明をしても、多くの借り入れ先では審査時に在籍確認として個人名で勤務先へ直接電話を入れます。虚偽内容での契約の防止や本人確認の意味も込められていますが、在籍確認は電話で行う必要はなく、その他の方法で確認が取れるのであれば電話はしなくても問題ありません。法律によって「電話による在籍確認をしてください」と決められているわけではないので、何か他の方法で確認が取れるなら電話は不要です。しかし、多くの消費者金融や銀行では、手っ取り早...
2016/05/10 10:37:10 |
複数の借り入れ先を抱えている方、借金の返済を進めていても終わりが見えない方の救世主ともなり得るのが、おまとめローンです。いくつもの借金を一本化する借り方により、金利負担の低下や返済の簡略化、完済までの明確なビジョンが持てるなど様々なメリットがあります。おまとめローンは専用の商品として用意をしている銀行や消費者金融もありますが、多くは通常のカードローン利用で借りたお金により一本化を行います。申し込みをしてカードローンの契約をし、借りたお金で他社を完済をするといった形になるのです。そのため、おまとめローン利用時の審査はその時点での返済の実績や他社の利用状況が大きな影響を与えます。おまとめローンもあ...
2016/05/10 10:37:10 |
消費者金融のカードローンキャッシングは素早さや手軽さが魅力となりますが、その代わりに金利面に関しては借り入れ先による違いがほとんどありません。大手の消費者金融では上限金利が17.8%~18.0%で横並びとなっており、どこで借りても金利には差が生じないのです。一応、下限の金利を見れば3.0%のところもあれば4.7%のところもあるなど、いくらか開きはあります。しかし、消費者金融での借り入れは初回に限って言えば大体は少額融資で上限金利となるため、下限金利で差があるとしても実際には借り手側には何のメリットもありません。消費者金融で借りるカードローン、キャッシングは金利で比べるなら上限金利で、繰り返しに...
2016/05/10 10:37:10 |
キャッシングサービスは便利になったもので、今では自宅以外でも外出先からの手続きでその日のうちにお金が借りられるようになっています。スマホでの申し込みとWeb上での契約で最短即日融資も可能となっているためで、突然お金が必要になっても安心です。スマホのみで手続きができ、厳密には本人確認書類なども必要となるためにスマホだけではありませんが、手元に最低限の必要書類と通信機器としてのスマホがあれば、当日中にキャッシング契約が行えるようになっています。一時期TVCMでも見かけた「スマホ完結」の言葉のように、スマホで申し込みを行い、そのままスマホで契約まで完結できるキャッシングサービスもあるため、忙しくて面...